日本イタリア料理教室協会の先生がご紹介する、イタリア伝統料理
Olive ripiene all' ascolana
アスコラーナのオリーブの詰め物
検索ページへ戻る
レシピ検索
レシピ検索

材料

(4人分)調理時間:20分
 
大粒オリーブ20個
1個
パルミジャーノ20g
トマト缶ジュースのみ大さじ2
イタリア料理のパン粉
*パン粉の作り方はこちら
適宜
揚げ油適宜
ひき肉80g
ナツメグ少々
作り方
1
オリーブの種を抜く。
2
ひき肉に塩、こしょう、パルミジャーノ、ナツメグ、卵半分、トマト缶のジュースを入れ、よく捏ねる。
3
オリーブに2を詰める。
4
残りの卵を水に溶き、3をくぐらせて、パン粉を周りにまんべんなくつける。
5
揚げ油で揚げる。
キツネ色になったら出来上がり。
ワンポイントメモ
マルケ州のアスコリ・ピチェーノ県のアスコラーナ・テネーラ Ascolana Tenera種の大粒オリーブを使った名物料理です。
岸 摩弥子 Mayako Kishi
イタリア料理研究家/JSA認定ソムリエ/日本イタリア料理教室協会理事
六本木リストランテヴァレンツァのオーナーを経て、現在、軽井沢と海の家を行き来しながら都内レストランやキッチンスタジオでイタリア料理教室ジャルディーノを主宰。企業へのレシピ提供やメニュー開発、ラジオ、TV、雑誌にも活躍の場を広げる。アカデミー・デュ・ヴァン銀座校にてイタリア料理の講座を担当。
(TV出演)テレビ東京『ソロモン流』、日本テレビ『有吉ゼミ』他。
(著書)岸摩弥子のイタリアンレシピ1~5巻/料理出版、毎日のパスタ/日本文芸社、イタリア料理検定教本/料理出版

大庭麗先生

chef-oniwa.jpg

アスコラーネ種と呼ばれる大きなオリーブにリピエノ(詰め物)をして揚げたオリーベ・フリッテ。マルケ州ではアペリティーボやアンティパスト、時にはメインのお料理の付け合せとしてお馴染みです。フェスタをはじめ、家族の集まるお食事には野菜や仔羊のフリット、そしてクレーマ・フリッタと呼ばれるカスタードクリームを固めて揚げたものなどと一緒に。またこのオリーブの産地として知られるアスコリの旧市街では、街中のいたる処で揚げたてが売られておりストリートフードとして熱々の大粒のオリーブのフリットを放り込みながらお散歩なんて、ちょっと贅沢な時間ですね。


大庭麗先生料理教室 イル・クッキアイオ

レシピに使用している製品
おすすめ関連レシピ
レシピトップへ