岸摩弥子先生のレシピ
牛ヒレ肉のグリル シチリア風
検索ページへ戻る
レシピ検索
レシピ検索

材料

(4人分)調理時間:30分
 
牛ヒレ肉100gを4枚
モッツァレッラ(チーズ)200g
米ナス1本
赤パプリカ半分
黄パプリカ半分
ズッキーニ1本
玉ねぎ半分
トマト缶200g
キノコ(シメジ等)適宜
バジリコ(バジル)1~2枚
オリーブオイル適宜
ニンニク1ヶ
ワインビネガー大さじ1
砂糖大さじ1
作り方
1
カポナータを作る1
シチューポットにオリーブオイル、皮ごと潰したニンニクを入れて炒める。
2
カポナータを作る2
玉ねぎ、パプリカ、ズッキーニを全て1cmに角切りし、加えてよく炒める。
3
カポナータを作る3
トマト缶、バジリコ、塩小さじ1/2、砂糖大さじ1を加え、弱火で20分煮込む。
4
ナスを焼く
ナスは1.5cmの厚さの輪切りにし、多めの塩をふってアク抜きをしたら、塩を洗い流し、フライパンで両面を焼く。フライパンから出し、オリーブオイルでマリネする。
5
牛肉とチーズを焼く
牛肉は形をととのえるため側面をタコ糸で丸く2~3重にしばって蝶々結びにする。
塩、こしょうしてソテーパンで焼き、
6
赤ワインをふりかけ、煮詰める。
7
牛肉にスライスしたモッツァレッラをのせ、250℃のオーブンに5分入れる。
糸をとる。
8
キノコを炒める
キノコはフライパンで軽く炒める。
9
盛り付ける
お皿の中央にカポナータを敷き、その上にナスを置き、その上にチーズを載せた牛肉を置く。
皿の外側にキノコを散らす。
セルフィーユをチーズの上に飾って出来上がり。
岸 摩弥子 Mayako Kishi
イタリア料理研究家/JSA認定ソムリエ/日本イタリア料理教室協会理事
六本木リストランテヴァレンツァのオーナーを経て、現在、軽井沢と海の家を行き来しながら都内レストランやキッチンスタジオでイタリア料理教室ジャルディーノを主宰。企業へのレシピ提供やメニュー開発、ラジオ、TV、雑誌にも活躍の場を広げる。アカデミー・デュ・ヴァン銀座校にてイタリア料理の講座を担当。
(TV出演)テレビ東京『ソロモン流』、日本テレビ『有吉ゼミ』他。
(著書)岸摩弥子のイタリアンレシピ1~5巻/料理出版、毎日のパスタ/日本文芸社、イタリア料理検定教本/料理出版
レシピに使用している製品
おすすめ関連レシピ
レシピトップへ