岸摩弥子先生のレシピ
子牛ロースのヴァッレダオスタ風
検索ページへ戻る
レシピ検索
レシピ検索

材料

(4人分)調理時間:20分
 
ステーキ用子牛ロース4切れ
フォンティーナ(チーズ)
(またはウォッシュ系チーズ)
100g
バター150g
イタリア式パン粉
*パン粉の作り方はこちら
適宜
小麦粉適宜
2個
作り方
1
子牛ロースをナイフで切れ目を入れ、
2
薄切りにしたフォンティーナ(チーズ)を挟み込む。
3
塩、こしょう、小麦粉をまわりにはたく。

溶き卵をくぐらせ、パン粉をまわりにまんべんなくつける。
4
バターをフライパンに溶かし、両面をキツネ色に焼いて出来上がり。
ワンポイントメモ
ヴァッレ・ダオスタ州の伝統料理で、上にフォンティーナ(チーズ)をのせたり、ハムも使う場合もある。
岸 摩弥子 Mayako Kishi
イタリア料理研究家/JSA認定ソムリエ/日本イタリア料理教室協会理事
六本木リストランテヴァレンツァのオーナーを経て、現在、軽井沢と海の家を行き来しながら都内レストランやキッチンスタジオでイタリア料理教室ジャルディーノを主宰。企業へのレシピ提供やメニュー開発、ラジオ、TV、雑誌にも活躍の場を広げる。アカデミー・デュ・ヴァン銀座校にてイタリア料理の講座を担当。
(TV出演)テレビ東京『ソロモン流』、日本テレビ『有吉ゼミ』他。
(著書)岸摩弥子のイタリアンレシピ1~5巻/料理出版、毎日のパスタ/日本文芸社、イタリア料理検定教本/料理出版
レシピに使用している製品
おすすめ関連レシピ
レシピトップへ