イタリア女性が家族のために作るパスタ、15種
イタリア人の生活に欠かせないパスタは、
家庭ごとに伝えられていく“マンマ(母)の味”を表現する料理のひとつです。
イタリアで110年以上愛されているラゴスティーナの調理器具は、
イタリア女性の毎日の料理に寄り添い、キッチンや食卓で家族に親しまれ、
家庭の味を支え続けています。
写真集「PASTA」のレシピを再現した、イタリア家庭料理の味
15種のパスタは、ラゴスティーナによって2009年にイタリアで発売された写真集「PASTA」に掲載のレシピを、イタリア料理研究家の岸摩弥子先生によって再現されたものです。
イタリア家庭料理はその地方ごとの特産物を使って作られるため地方色が強く、
各地方から寄せられた15レシピ全てを日本にて再現できるのは非常に貴重な機会となっています。
実際にイタリアで受け継がれている家庭の味を、ぜひ味わってみてください。
※写真集「PASTA」の日本での販売は終了しています。
15種のパスタレシピ
パスタの種類から見る
レシピ名から見る
パスタなべ
「パスタイオーラ・ピュウ 」
パスタの国で生まれた、
パスタを作るためのなべ
「ゆでる」「湯切る」「あえる」「テーブルに出す」の四役をこなす優れもの。
アル・デンテにゆで上がったパスタをすぐに湯切りし、ソースと和える事ができるのでパスタもソースもさめにくく、おいしく召し上がれます。
製品詳細ページ オンラインショップ
レシピトップへ