ラゴスティーナの歴史

1901

ラゴスティーナの創業

1901年、イタリア・ピエモンテ州オメーニャにてカルロ・ラゴスティーナと息子のエミリオによって創業。すずメッキの金属食器の製造を開始。

1932 – 1956

ステンレス素材の調理器具への応用

1933年、イタリア初となる、ステンレス製調理器具を発売。翌1934年、万人の心の拠り所である家庭をイメージし「カーサ・ミア(我が家)」と名付けられる。

1955年、「カーサ・ミア」が機能性とデザイン性の双方を高く評価され、ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品に選ばれる。誰もが帰りたくなる「煙突のあるおうち」を模したロゴデザインが採用。
※現在の圧力なべシリーズ「ドミナ・カーサミア」にてロゴマークを継承。

1956 – 1971

ステンレス鍋の成功と、圧力なべの発売開始

1956年から57年の2年間は、製品の技術革新、製造、販売の転換期を迎える。複層底面への注力で、ステンレスなべの普及をより強固にする。

1961年、イタリアで圧力なべの発売を開始。経済成長期に共稼ぎが増える中、家事負担の軽減と家庭の味の継承に大きく貢献。

1971 – 2004

さまざまな市場へ、さまざまな製品を

1972年、取っ手着脱式フライパン・なべの発売、底面三層構造「ラゴプラン」「ラゴシール」の製品化など、多様な製品が登場する。

2001年、ラゴスティーナ100周年を迎える。

2005 –

新しい時代

2006年、日本での輸入・販売会社が株式会社グループセブ ジャパンとなる。

2012年、ラゴスティーナ圧力なべ発売50周年を迎える。
イタリア老夫婦より、金婚式を結婚祝いにもらった圧力なべで祝ったとの便りが届く。50周年記念アイテム「ドミナ・ビアンカ」を発売、日本でも記念イベント開催。