日本イタリア料理教室協会の先生がご紹介する、イタリア伝統料理
Saltinbocca
サルティンボッカ
検索ページへ戻る
レシピ検索
レシピ検索

材料

(4人分/写真は2人分)調理時間:20分
 
子牛4切れ
生ハム4枚
セージ4~8枚
小麦粉少々
白ワイン少々
スープ適宜
オリーブオイル適宜
塩、こしょう少々
作り方
1
子牛肉は叩いてのばして塩、こしょうをしておく。
生ハム、セージを上に重ね、小麦粉をふるう。
2
フライパンにオリーブオイルをしき両面を焼く。
3
白ワインを振り掛け、アルコール分が蒸発したらスープを足して出来あがり。
岸 摩弥子 Mayako Kishi
イタリア料理研究家/JSA認定ソムリエ/日本イタリア料理教室協会理事
六本木リストランテヴァレンツァのオーナーを経て、現在、軽井沢と海の家を行き来しながら都内レストランやキッチンスタジオでイタリア料理教室ジャルディーノを主宰。企業へのレシピ提供やメニュー開発、ラジオ、TV、雑誌にも活躍の場を広げる。アカデミー・デュ・ヴァン銀座校にてイタリア料理の講座を担当。
(TV出演)テレビ東京『ソロモン流』、日本テレビ『有吉ゼミ』他。
(著書)岸摩弥子のイタリアンレシピ1~5巻/料理出版、毎日のパスタ/日本文芸社、イタリア料理検定教本/料理出版

阿部加奈子先生

chef-abe.jpg

ローマの照りつける日差し、食欲をかきたてるセージの香り、笑顔のサンタおばあちゃん。ゆっくり大きく歩きながら、たくさんのハーブやレモンがなる庭からセージをつんで、肉と生ハムとそのセージを、白ワインを加えて一気に焼き上げ、いつもの笑顔でお皿にスルッと「はい、召し上がれ」。すっきり冷えたフラスカーティーとともに、思い出の味。


阿部加奈子先生料理教室 ボナ・ペティート

レシピに使用している製品
おすすめ関連レシピ
レシピトップへ