日本イタリア料理教室協会の先生がご紹介する、イタリア伝統料理
Costletta alla milanese
コストレッタ・アッラ・ミラネーゼ(ミラノ風カツレツ)
検索ページへ戻る
レシピ検索
レシピ検索

材料

(4人分/写真は1人分)調理時間:20分
 
骨付き子牛ロース4本
バター150g
イタリア料理のパン粉
*パン粉の作り方はこちら
適宜
小麦粉適宜
タマゴ2個
作り方
1
骨付き子牛ロースを肉たたきでまんべんなく叩いて広げる。
2
塩、こしょう、小麦粉をまわりにはたく。
3
溶き卵をくぐらせ、細かいパン粉をまわりにまんべんなくつける。
4
バターをフライパンに溶かし、両面をキツネ色に焼いて出来上がり。
(表面が7割、裏面が3割程度)。
岸 摩弥子 Mayako Kishi
イタリア料理研究家/JSA認定ソムリエ/日本イタリア料理教室協会理事
六本木リストランテヴァレンツァのオーナーを経て、現在、軽井沢と海の家を行き来しながら都内レストランやキッチンスタジオでイタリア料理教室ジャルディーノを主宰。企業へのレシピ提供やメニュー開発、ラジオ、TV、雑誌にも活躍の場を広げる。アカデミー・デュ・ヴァン銀座校にてイタリア料理の講座を担当。
(TV出演)テレビ東京『ソロモン流』、日本テレビ『有吉ゼミ』他。
(著書)岸摩弥子のイタリアンレシピ1~5巻/料理出版、毎日のパスタ/日本文芸社、イタリア料理検定教本/料理出版

菊地としみ先生

chef-kikuchi.jpg

私が15年間暮らしていたミラノの伝統料理です。コトレッタというのはミラノ方言で骨付きあばら肉の意味ですから「骨付き仔牛肉」を使うのがお約束。フライパンに多めの澄ましバターを熱し、中身がほんのりピンク色になる様に仕上げます。このお料理にはロンバルディア州のオルトレ・ポー・パヴェーゼのボナルダ、クルテフランカ、フランチャコルタのロゼなどのワインをお勧めします。



菊地としみ先生料理教室 ラ・クチネッタ・ドーロ

レシピに使用している製品
おすすめ関連レシピ
レシピトップへ