岸摩弥子先生のレシピ
フィレンツェ風トリッパの煮込み
検索ページへ戻る
レシピ検索
レシピ検索

材料

(4人分)調理時間:60分
 
ハチノス(牛の胃袋)200g
ニンジン200g
玉ねぎ200g
セロリ200g
トマト缶1缶(400g)
白ワイン1カップ
ブイヨン(牛)
*ブイヨンの作り方はこちら
2カップ
ニンニク1片
ローズマリー1枝
バジリコ(バジル)1枝
タイム2本
バター50g
オリーブオイル適宜
パルミジャーノ
(パルメザンチーズ)
40g
作り方
1
トリッパ(ハチノス)をよく洗い、1cm幅の短冊状に切る。
2
トリッパの臭み消しをする。
パスタをゆでる時くらいの塩をしたお湯で5分加圧する。
取り出して、冷水ですすぐ。
これを4回繰り返し、冷たい水に漬けておく。
3
ニンニクを皮ごと潰してオリーブオイル、バターで炒める。
ニンジン、玉ねぎ、セロリは1cm角に切り、炒める。
4
香りが出てきたら、トリッパ、ローズマリーの葉をちぎって加え、さらに炒める。
白ワインを加えたら、圧力なべに移す。
5
トマト缶、バジリコ(バジル)、タイム、塩小さじ1を加え、ひたひたになるくらいのブイヨンを加え、30分加圧。

蒸気を抜きふたを開け、スープ分がほとんどなくなるまで加熱する。

パルミジャーノ(パルメザンチーズ)とオリーブオイルを加えて出来上がり。
岸 摩弥子 Mayako Kishi
イタリア料理研究家/JSA認定ソムリエ/日本イタリア料理教室協会理事
六本木リストランテヴァレンツァのオーナーを経て、現在、軽井沢と海の家を行き来しながら都内レストランやキッチンスタジオでイタリア料理教室ジャルディーノを主宰。企業へのレシピ提供やメニュー開発、ラジオ、TV、雑誌にも活躍の場を広げる。アカデミー・デュ・ヴァン銀座校にてイタリア料理の講座を担当。
(TV出演)テレビ東京『ソロモン流』、日本テレビ『有吉ゼミ』他。
(著書)岸摩弥子のイタリアンレシピ1~5巻/料理出版、毎日のパスタ/日本文芸社、イタリア料理検定教本/料理出版
レシピに使用している製品
おすすめ関連レシピ
レシピトップへ